電子タバコのさまざまな種類と特徴

カレンダー

2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめ情報

電子タバコで害のある紙タバコの禁煙に成功

禁煙として利用する電子タバコ 社会人になってからストレスからか、たばこを吸い始めました。しかし、それからと…

詳細を読む

なぜ電子タバコが選ばれるのか

電子タバコが選ばれる理由とは 電子タバコを始められる方は徐々に増えつつありますが、基本的に何のために電子タ…

詳細を読む

電子タバコの活用法とメリット

電子タバコならではの特徴 最近は電子タバコの人気が急上昇しているようです。その理由として一般のタバコの価格…

詳細を読む

記事一覧

2017年06月06日
なぜ電子タバコが選ばれるのかを更新しました。
2017年06月06日
電子タバコで害のある紙タバコの禁煙に成功を更新しました。
2017年06月06日
電子タバコの活用法とメリットを更新しました。
2017年06月06日
周りに害がない電子タバコを更新しました。

電子タバコがおすすめできる理由

現代は喫煙者にとっては肩身が狭い思いをする世の中になりました。例えば、タバコの値上げ、喫煙所の減少、路上喫煙禁止区域など様々な喫煙を妨げるようなことが多くなってきています。これだけ喫煙をし辛くなるとタバコを止めようと思う事が普通です。

しかし、止めようと思ってすぐに止めることができるなら問題はありませんが、それができないことがほとんどです。又、つかの間の息抜きやストレス発散にタバコを吸うという人も多いです。止められない又は止めたくない人が多い中お勧めなのが電子タバコです。

タバコを吸う中で問題になるのが出費、匂い、健康問題が挙げられます。電子タバコならそれらの問題を解決できます。出費はタバコの一日の喫煙本数で変わってきますが、仮に1箱420円のタバコを1カ月毎日購入した場合、420×30で12600円になります。電子タバコは値段はピンキリではありますが、ある程度良いものでも数千円単位の値段で使い続けることが可能です。

匂いはタバコを吸っていると付くことが多く、周りに嫌がられるということも少なくありません。電子タバコはものによっては少しだけ付くことがありますが、ほとんどが無臭です。健康問題も電子タバコはタバコより害になる成分が少なく、癌などの病気のリスクも減らすことができます。このことから、タバコから電子タバコに変えるのが良いです。

電子タバコの種類について

電子タバコはいくつか種類があります。フレーバーリキッドと呼ばれる液体を加熱させるものと、従来の紙タバコの形をしたヒートスティックと呼ばれるものを加熱させるものです。利用用途によって分けるとわかりやすく、前者が香りを楽しむためのもの、後者が従来のタバコを楽しむためのものになります。最近ヒートスティック型の電子タバコをよく見かけますので、今回はこちらを紹介したいと思います。

まずメリットです。一番は煙が少ないことです。これはタバコを止められない人が、せめて周りに気を使っているという事がわかる点で非常にポイントが高いです。また臭いが少ないというところも、従来型のタバコより印象が良く、職場の女性には受けがいいです。出先では灰皿がない喫煙所も増えて来ていますので、場所を選ばず吸えるところも便利ですし、ライターを忘れるという心配もないです。健康的にも良さそうな印象があるのではないでしょうか。

次にデメリットです。くわえタバコができません。手を必ず添えないと重くて吸えません。また、銘柄が限られているので、好きな銘柄が選べないかもわかりません。本体が充電式ですので、欠かさず充電も必要になります。まとめです。ヒートスティック型は、価格が普通の紙タバコと変わりませんし、味もそれほど変わりませんので、本人はメリットがありませんが、周りに気を使えるところが人気の秘密かもわかりません。

■おすすめ参考サイト
VAPESTUDIO
水蒸気をふかして煙を出すのでタバコを吸っているような気分が味わえます。 お菓子やフルーツ風味など、喫煙者でなくても試したくなるリキッドがいっぱい。 2014年に英オックスフォード大学出版局がベイプ「VAPE」を一年で最も注目された言葉に選びました。 Eleaf・INNOKIN・aspireをはじめ、有名ブランドの電子タバコをVAPESTUDIOで購入できます。

Copyright(C)2017 選ばれている危害の少ない電子タバコ All Rights Reserved.